不動産投資は長期的に資産を築く 不動産投資ローンの賢い使い方

不動産投資は長期的に資産を築く

不動産投資は、資産の運用を考える時に、必ずその選択肢に入れておきたい投資手段です。
不動産の価格も株式と同じように市場価格によって形成されていきますが、不動産は現に存在し、実際に利用することができる実物資産です。
資産として形に残るものが欲しい際には、不動産を外すことはできません。

不動産投資をする際には、今後家賃が上がるのか?下がるのか?といった点が一つのポイントになります。
家賃が上がるのであれば、その不動産への投資は、将来的に現在よりも大きな価値を生むことになります。
つまり、買うなら今だ、ということになります。
一方で、家賃が今後下がると考えるのであれば、手持ちの不動産は早めに処分してしまわないと、価値が減ってしまうことになります。

中古マンションの売却ですとこちらのサイトが参考になります。
参考:中古マンションを売却!プロが教える賢いマンションの売り方

不動産投資は大きなリターンが見込めるものですが、その一方で、大きなリスクが伴うものでもあります。
不動産は動かすことができないので、投資対象の物件の周辺でトラブルが起きた場合などには一気にその物件の価値が下がってしまうというリスクがあります。
不動産投資をする際には、動かすことができないという特性ゆえのリスクにも注意を向けてみてください。

不動産投資は、長期的に資産を築こうとする人にとってメリットのある投資手法です。
不動産は安定して得られる家賃収入によるキャッシュフローや、担保価値という形で価値の保存という資産形成の目的を果たしてくれるという点で、将来を見据えた投資対象になるものです。