不動産投資で利回りの良い物件を作る 不動産投資ローンの賢い使い方

不動産投資で利回りの良い物件を作る

不動産投資の広告などを見ていると、高利回りを謳うものが少なくありません。
しかし、実際に投資をしてみると広告にあったほどの利回りでは回らないというケースがあります。
どこに問題があるのでしょうか?一つは、表面利回りと実質利回りの差によって発生する計算違いです。

不動産投資で成功するためには、利回りを上手に上げることです。
利回りを上げるためには、コストを下げる必要があります。
とはいえ、住民の入れ替えがあるのにクリーニングをしない、というようなことをしていたら、人が入らなくなってしまいます。
だから、いかにコストを削るかということを投資家はみな工夫しています。

不動産に投資をする際には、安定利回りを追求するのか、高利回りを追求するのかを決めておくと、物件選びの助けになります。
収入を大きく増やすのであれば、高利回りに絞った方が効率的ですが、副収入として考える場合には、安定利回りの方が長い目で見て安心なため、どちらを重視するかによって選び方が変わってきます。

不動産投資で利回りの良い物件を作るためには、二つの方法があります。
一つはコストを下げること。
もう一つは、付加価値を生むことです。
利用する人が、家賃が高くても利用したくなるような設備やサービスを考えだすことができれば、高利回りを生み出すことができます。